--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年02月24日(火) 記事No.68
どうも、 どうせ絵を公開してもレス付くわけでもなし、
いっそ3D公開限定の場にしようかなどと考えている管理人です。

絵の公開場所だったはずなんだけど、気づいたら3Dに占領されとる


今回は、更新ネタに困ったので3ヶ月ほど前に描いた
絵についてとりあえず載せとこうと思います。

気づいたら描いてた
この何気ない落書きがそもそもの始まりだった… 最近足描いてないなぁ と、思い 足を描くならどんなポーズがいいだろう と考えたら、
なんかこんなフワフワしたような、舞ってるような そんなのがいいよなぁと考えたのである、
ついでに実験的にスケスケに挑戦(影的な意味で)


で、なんとなくポーズが気に入ったので、実験的に久々の厚塗りしようと考え、出来たのがコレ
すわ


そして風神録のバックストーリー、ならびに幻想郷の時代背景なども合わせて考えてるうちに
(※幻想郷風土記、香霖堂、幻想郷縁起、を見る限り 東方の時代設定は6?9世紀後である。
その時点では)

だんだん悲しみに包まれて行き―――

こうなった

消えた神様

ちなみに設定的に、そとの世界で、神への信仰はほぼ潰えたとされているので、
それに伴いアノ大きい神社でさえ、都市開発で縮小したのではないかという考えのもと、
目の前はビルの裏手、鳥居も一つ となってます。

関係者である早苗でさえ 神が二人居る理由を知らないという事は、
古事記が残っていないという事で、アノ神社が現在のままの姿であるはずがないと考えました。

風神録本編で、出てくる神社も池も、遠い昔に忘れ去られた昔の風景 なのではないでしょうか




人は、神に頼らずとも 稲を守り、 神に祈らずとも災害を防ぐ力を手に入れた、
―もう、人は私らに頼らずとも、生きていけるんだね―――
信仰は儚き者のために

子が親の手を離れる悲しみ、 しかし子が成長した喜び、 そんな複雑な気持ちがあるのでは、
そんな事を思いつつ以前の絵を見ていたら、ふとそんな言葉が浮かび、

どうせもう終わりならば 笑顔で消えるのがいい そう聞こえた気がした 
(恐らく妄想)

ので、朝日とともに消えゆ


と、このように、、、 最初はただの落書きだった絵が、
いつの間にか信仰心の固まりになったのでした。 うおおおおお洩矢様ぁあああああああああ

結局最後の絵が出来るまでに、1ヶ月半かかりました。
最終的には足写ってないし。。。

ちなみにアノ神社、いつから在ったのか、記録に残っていないほど古くから在るらしいですね。
スポンサーサイト
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2009年02月24日(火)
寧ろココが本来は絵の公開場所だったなんて初m(ry ゴメンナサイ
兎も角人を信仰せしめるケロタンのカリスマ恐るべし

さて、風神録Extraクリア目指してまたお百度(誇張ではない)踏んでくるか
「名前はまだない |   | コメントを編集 | 
2009年02月25日(水)
下の絵…俺持ってるぞ…あんただったのか(゚Д゚)

まぁそれは置いといて、絵も置いといていいんじゃないかなとは思いますよ(`・ω・´)シャキーン
わふー |   | コメントを編集 | 
2009年02月25日(水)
な・・・レスが付いているだと

>絵の公開場所だったなんて初(略

ハッハッハー絵ノ公開場所ナンデスヨー
とりあえず次の御柱祭りは行くしかないな。


>わふーさん
チィッ!!ばれちゃァ仕方がねぇ!!(゚Д゚)おうよ俺がやったのよ!!!
・・・どこで手に入れたのかは存じませんが保存いただきありがとうございま(略)

絵を置いとくと、昔のモデル記事探す時にすごく自分で面倒くさい思いをしたので、 これ邪魔だなぁ と己で思ってしま いえ何でもありません

でも、そんな事言うと、無駄な3分落書きとか無意味に載せるかも分からんよ。

カテゴリを一度見直したほうがいいかもしれないなぁ、
ノリで追加したカテゴリが多すぎる
shiki |   | コメントを編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

 このページはnofollow指定がされているため、コメントによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

トラックバックURL



 このページはnofollow指定がされているため、トラックバックによるリンクは検索エンジンに認識されません。

 また閲覧者はリンク元のサイトがスパムデータベースに登録されているか否かチェックすることができます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。